遺品整理の知識|神戸市・兵庫県の遺品整理士協会認定、生前整理・遺品整理おもいにお任せください。

遺品整理おもい
お見積もり365日対応
遺品整理士

遺品整理の知識

○遺品整理業者の選び方

良い業者と悪質な業者の選び方

人生の中、そうそう何回もあることではありません。慎重に選ぶ必要があります。
・最初から良い事ばかりを話す業者は要注意!!
・料金は一般よりもかなり低いも要注意!!
・作業内容が曖昧も要注意!!

現在、遺品整理の業者が多く、中には悪質な対応もあります。

業者による貴重品の無断回収、大幅な追加料金、不法投棄などの例が実際にあります。

その中からご遺族が選ぶのは大変難しい事だと思います。現在、相お見積りと言いう言葉があります。1社に依頼をするのではなく、3社ほど依頼をして、その中から選ぶ事をお勧めします。

トラブルに巻き込まれないように様々な事に注意しなければなりません。
○遺品整理の時期とタイミング

諸々の手続きが終えて、または古人への想いが癒えてから、四十九日の後、葬儀直後、ご依頼の遺族の生活状況や仕事の現状も様々な為、どれが良いのか一丸に言えません。

1. 賃貸住宅の場合
月末に明け渡しが多いケースがあります。
月の半ば当たり、余裕を持って、依頼するのがよい。
緊急な場合は一度、問い合わせて、話を聞くとよいでしょう。

2. 持ち家の場合
賃貸住宅に比べると時間にゆとりがあるかと思います。
遺族の方の都合の良い時。

空き家は危険

○空き家は持ち主の責任
「空き家」という言葉。年々に増加し、いろんな問題となってきております。
住宅市場のバランスが悪化し、人口減少や少子高齢化でバランスが崩れ、空き家の数も増える一方で、周辺への悪影響を及ぼす事が多くあります。放置したままだと色々な問題が起こり、厄介なことになる事がおおいでしょう。

空き家を放置するとどうなる?
1.空き家への放火のターゲット
2.犯罪の元となる
3.倒壊の危険
4.周囲とトラブルの元となる

現在空き家を放置すると色んな事が起こります。1年前に空き家対策法が執行され、強制解体を命じられた持ち主もいます。

放置したままだと、様々な危険、周辺とのトラブルの元にもなり、または税金もかかってきます。必要のない空き家は早急に対応しなければなりません。

ご相談は無料となっております。 是非ご利用ください。

PageTop